CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
twitter
facebook
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
 
『つくば市民大学』運営の一翼を担う市民組織「ウニベルシタスつくば」の公式blogです。
記録映画「昭和の家事」鑑賞&ほうきづくり体験レポート

こんにちは。講座担当者の小池です。

12月2日(土)に開催された、記録映画「昭和の家事」鑑賞&ほうきづくり体験の講座のレポートです。

 

今回は大掃除も気になる12月開催ということで、「きれいにする」をテーマに「洗濯」と「掃除」がテーマ。

記録映画「昭和の家事」(※)の中から「洗濯をする」の映像を観て、その後、ホウキグサの栽培から手がけてほうきを作っているフクシマアズサさんより、ほうきの魅力とミニほうき作りを学ぶという欲張りな内容。

 

まずは「最近買った家電」も含めて自己紹介をして、参加者の顔触れを確認。

「炊飯器は手放しました」「数年買ってませんね」など、家電とは距離を置く方が多めでしたが、「定年で働き方が変わりシュレッダー買いました」「子どもが独立するのにあたり…」など、生活の節目に購入する例がいくつか出て、我々のライフスタイルが、いかに家電と結びついているかが見えてきました。

写真は映像のひとコマ。昭和の暮らし博物館HPより

 

映像の中では、80代の小泉スズさんが腰をかがめ、たらいと洗濯板でゴシゴシと洗う様子が約30分続きました。手作業で洗い、何度もすすぎ、絞る…なんともつらそうな作業です。すすぎ終わって「よっこいしょ」と立ち上がるスズさんの姿に、参加者は思わず「ホッ」と息をついていました。

 

休憩をはさんで、お待ちかねミニほうきづくり。
はじめにフクシマさんがホウキモロコシの「種まき」から「収穫」までの栽培の様子や、ホウキモロコシの「穂」と、「ほうきの使いやすさ」の関係性など、職人ならではの解説をしていただきました。

続いて、ホウキモロコシの「実」がついた穂を脱穀する作業。

 

後方が実のついた穂の状態

 

その後一組1台ずつ専用の道具が用意され、そこに体をあずけ、職人になった気分で穂を束ねて仕上げていきました。

 

 

途中、わからないことはフクシマさんに質問したり、近くの方がアドバイスしたり。

親子で参加された方は大人と子供と力を合わせ、各々マイペースで進めて、世界に一つだけの手作りほうきができあがりました。

 

 

 

 

仕上げはフクシマさんにお願い。


 


 

 

最後に映像鑑賞とほうき作りの感想をシェア。お洗濯の大変さとほうきの魅力についての感想が多く挙がりました。

その中で、私が心に残ったのは
「手洗いは大変だけど、手で洗うとよりきれいになった気がします。お掃除も同じ。実際はどうであれ、心がこもるからそんな気がするのでしょうね」

というコメント。

 

日々繰り返される家事労働。機械のおかげで楽になったとはいえ、今も昔も変わらないのは、その目的は自分や周りの人が心地よく過ごすためだということ。ただの作業でなく「心をこめる」感覚は受け継ぎ、時々思い出したいものです。

 

 

 

今回ご指導いただいたフクシマアズサさんのHPはこちらです。

 

※この「記録映画『昭和の家事』」は昭和の暮らし博物館が作成・販売されているものです。
個人でも購入でき、自主上映の受付もされています。
一人で観るよりも、世代、育った環境の異なる方々と一緒に観るのがおすすめです。複数の視点で見ることで、自分だけでは気づかない点を発見できる事でしょう。

 

| 講座レポート | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12月19日(火)18:55から『しゃべらんBAR』開催〜イマココ的異種交流会@つくば市民大学〜

12月19日(火)18:55から始まる『しゃべらん BAR』

 

大人気 今ここにある暮らしからつなげる未来(略称:イマココ)の皆さんが愛をこめてお贈りする講座です。

 

イマココ的異種交流会@つくば市民大学として、出会うこと、つながることで、くらしがちょっとずつ豊かに、

おもしろくなっていく。そんな「しゃべらんBAR」、一夜限りのオープンです。

 

今回は第24回目となる、イマココ講座。これまでの話題提供者の皆さんにも、ご参加を呼びかけ中です!

 

聞きたかった あんな事、こんな事が聞けるかもしれません。

 

今までの今ここにご参加してくださった皆さま、つくば市民大学に共感してくださった皆さま

そして、もちろん(^^)はじめての方も。

 

ゆるりと集まり、対話を楽しみましょう。

 

参加費は500円(ノンアルコールビール・カクテル・お茶・軽食付き)です。

 

皆さまのご参加をふるってお待ちしております。

 

PS:紅葉している葉っぱって、なんだかお互いにサワサワとお喋りしているように見えませんか?

| お知らせ | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「やりたい」をカタチにするプロデュース術

こんにちは。講座担当者の小池です。

11月16日に開催された「やりたい」をカタチにするプロデュース術 のレポートです。

 

今回は「なぜする」「どうする」「いつする」の3回のテーマを合体させるという、欲張りな内容。

ナビゲーターに渡部友紀さんをお招きして、参加者自身の「やりたい」を題材に、集まった人たち間の対話を通して進めていきました。

 


まずは、対話のきっかけとして皆さんの参加動機を発表するところから。

昨年の同じ講座を受講して「やりたい」を実行に移してから1年、改めて自分の「やりたい」を整理したい方がいたり、当日の朝、急遽参加を決めた方がいらしたり。

「やりたい」想いを抱いている長さも、具体的な動き方もさまざまである事を共有できました。

次に、事前課題として記入してきた個々の「やりたい」に関する事柄を、グループに分かれてシェアタイム。

ここで、大切にしたのが講座のお約束。

 

お互いの「やりたい」に貢献する質問をどんどんしよう!
相手を応援する気持ちで聴きあい、共に考えよう!

 

これがあったせいか、質問する側もされる側も、ともに前を向いて考えている空気に包まれ、会場が一気に温まったよう。

続く課題でも、皆さんアイデアがどんどん湧いてきて、メモの付箋にどんどん書き込んで紙に貼り切れない!という方も。

 

 

 

ランチを挟んで午後の部は、「どうする」「いつする」にフォーカスを当てて整理する時間。
本当に自分がやるべきこと?いつやったらいいの?
午前中に書いた付箋紙を活用して、視覚化するとスッキリ整理できることを体験しました。

これは別の機会でも応用できそうです。

 

 

最後に提示されたキーワード。


「それ本当にあなたにとって大切なこと?」
「それ本当にやりたいこと?」
「本当はどうしたい?」


参加者の皆さんはそろってメモしたり写真に撮ったり。
平易な言葉ですが、ワークを体験した後だと、より一層心に響くようでした。

 

もう一つ講座で重要な役割を果たしたのが、色とりどりのカードの中から、自分の感情に合った―度を選ぶワーク。

 

 

選んだ理由を互いに語り合う中で、意識していなかった自分の感情に気づいたり、他者の声かけにハッとさせられたり。

そこからなぜ「やりたい」かを再確認した、なぜ「やれない」のかを気づくことができてすっきりした!という意見がでました。
プロデュースというと期限、課題、予算など、数字や文字で表現しやすい事が重視されがちですが、「やりたい」想いを持続するエネルギーには、「感情」にも寄り添うことも大切なのだと、カードを通して感じられたのではないでしょうか。
そして、他者との対話を通して自分に気づくことがあることも、体感されたのだと思います。

 

本講座を通して、参加者のみなさんがどんなカタチを作り上げるのか。
楽しみです。

| お知らせ | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
届きました。RISE English Course2018英単語カレンダー

 

今年も、英単語って こんなに 'かんたん‘ だったんだ!と気がつくことが出来る

RISE English Course2018 英単語カレンダー

 

つくば市民大学に届きました。

楽しく、英単語を身につけることができるようになりますよ!!

 

見本も置いてありますので、ご自由にご覧ください(^^)

 

一冊1200円(税込)です。

 

| お知らせ | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12月の講座の紹介じゃ

マッツじゃ。つくば市民大学12月の講座を紹介しよう。
皆さまのご参加を待っとるぞよ。

 

◆12月2日(土)(木)13:30〜15:30
温故知新「昭和の家事」
記録映画「昭和の家事」鑑賞&ほうきづくり体験
家電ナシのお洗濯・お掃除の大変さ、おもしろさ

(内容)
・上映作品「洗濯をする」
・体験企画…〜ほうき草からほうきを作る〜
福島 梓さん(ほうき職人)と一緒に、一昔前までつくばの地で一大産業だった「ほうき」について、原料栽培から制作工程、その使い良さについて学びながら、座敷ぼうきの原料であるホウキモロコシの脱穀〜ほうき制作までの流れを経験していきます。

(参加費)
鑑賞費無料、プチ体験料金として1000円(ほうき材料費込)

(Webサイト)
https://www.tsukuba-cu.net/course/e_1334.html


◆12月3日(日)13:30〜16:30
ともに楽しむアートコモン・ラボ第7回
「アートの学び」がつくるインクルーシブな社会の可能性
*PC要約筆記つき

(内容)
シリーズ最終回は、フラットで、ともに生きられる世の中にするための「アートのかたち」を探求し、美術教育・表現ワークショップなどの活動をされている茂木一司さんをお招きします。
バリアフリーなダンスワークショップ、美術鑑賞など、「心動かされる体験」の場を仕掛ける理由、そこにある思いなどをうかがい、そんな場を私たちもつくることができないか、一緒に考えてみましょう。

(参加費)
500円(大学生以下300円)

(Webサイト)
https://www.tsukuba-cu.net/course/e_1308.html


◆12月19日(火)18:55〜21:00
今ここにある暮らしからつなげる未来(略称:イマココ)Vol 24.
しゃべらんBAR 〜イマココ的異種交流会@つくば市民大学〜

(内容)
最終回の今回は、「しゃべらんBAR〜イマココ的異種交流会@つくば市民大学〜」として開催します。これまでにイマココに参加された方、話題提供してくれた方、そして、つくば市民大学に共感してくれた方々がゆるりと集まるBARです。
飲み物(ノンアルコール)軽食つきです。リピーターも初めましての人も大歓迎。
出会うこと、つながることで、くらしがちょっとずつ豊かに、おもしろくなっていく。
そんなしゃべらんBAR。どうぞ、お気軽にお越しくださいませ。

(参加費)
500円 (ノンアルコールビール・カクテル、軽食付き)

(Webサイト)
https://www.tsukuba-cu.net/course/e_1386.html


◆〈わたし-たち〉として生きるためのダイアログ・バー

(内容)
市民活動・地域活動・福祉活動など、「他者とともに何事かをなす」ことにおいては、
〈かかわり〉に関する悩みや難しさがつきものです。
政治理論の知見を援用しながら、「一筋縄ではいかない問い」をめぐる対話をじっくりと楽しむ「ダイアログ・バー」で、〈わたし・たち〉として生きるための知恵への手がかりを探してみませんか?

(日時)
12月7日(木)19:00〜21:00
テーマ:異文化体験でわかりあえる?

12月14日(木)19:00〜21:00
テーマ:公共性はどこにある?

12月21日(木)19:00〜21:00
テーマ:「市民である」とはどういうこと?

(参加費)
1,000円(大学生以下500円)/回

(Webサイト)
https://www.tsukuba-cu.net/course/e_1435.html


◆12月24日(日)10:15〜16:15
つくば市民大学最終講座
市民活動のプレゼン術
〜理解と共感を育む!「伝わる」言葉のつむぎ方〜

(内容)
「数の力」でもなく、「金の力」でもなく、
「言葉の力」でたたかう市民として―。

「コンセプト(伝えるべき内容)を明確にする」
「キーワード(印象に残したい言葉)を抽出する」
「シナリオの〈型〉を活用する」
「話し方(聴覚表現)と見せ方(視覚表現)を工夫する」
といった基本技術を、参加者同士の相互作用で磨いていきます。

つくば市民大学の最終講座です。
講座後は、ささやかなクリスマスパーティーを開催。

つくば市民大学のラストデーを、「ともに」。

(参加費)
2,000円(大学生以下1,000円)

(Webサイト)
https://www.tsukuba-cu.net/course/methodology/e_1376.html

 

| お知らせ | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「つくば市民大学フェアウェルプロジェクト」企画メンバー募集!

こんにちは。スタッフ・とこりです。

 

たびたびお知らせしておりますが、「つくば市民大学」は、2017年度末をもって活動を休止いたします。(くわしくはこちら)

 

2009年の開校以来、つくば市内・外を問わず、たくさんの人々からご支持いただき、「まなぶ・つながる・つくりだす」場を重ねてきました。


この場がクローズしてしまうのは残念ですが、これまでの出会いとまなびを、次のステージにつなげていくための、フェアウェルプロジェクトを開始いたします。

 

プロジェクトは二つ。

(1) 3月25日(日)開催のフェアウェルパーティーをデザインする

(2) 特設アーカイブwebサイトをデザインする

です。

プロジェクト(1)、(2)、どちらかのみのご参加でも、両方にご参加でもOKです。

 

これまで様々な形でつくば市民大学にかかわり、共感してくださったみなさん、ともにつくば市民大学のフィナーレをデザインしてみませんか?

お待ちしております♪

 

フェアウェルプロジェクトへのご参加、詳細はこちらをご参照くださいませ。

 

| スタッフのつぶやき | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |