CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
twitter
facebook
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
 
『つくば市民大学』運営の一翼を担う市民組織「ウニベルシタスつくば」の公式blogです。
<< 代表幹事からのごあいさつ | main |
「ともに楽しむアートコモン・ラボ」シリーズのまとめ

2018年も明けて早10日ほど、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
今年の初投稿は、講座レポート前編後編に引き続き、

講座担当の赤松が、シリーズのまとめをご報告します。


2017年12月3日のシリーズ最終講座では、最後に、

講座立ち上げメンバーの北村まさみさんより、

全7回の講座のふりかえりがありました。


当日は第1回の「音楽って、『聴く』だけのもの? 

〜聞こえる人も、聞こえない人も『共に楽しむ』共遊楽器♪」の話題提供者、

金箱淳一さんも駆けつけてくださって、エンディングに花を添えてくださいました。

以下、北村さんのまとめです。

「コモン・ラボを始めたきっかけは、

伊藤亜紗さんの『目の見えない人は世界をどう見ているのか』という本の中に、

『<対等で差異を面白がる>交わりから<社会の共同運営者としての関係>を作りたいと願っている』

と書かれていたのを読み、共感と納得がたくさんあり、そのような場を少しでも増やしたいと思い、

2015年11月からスタートし、今日の茂木さんの講座までこれまで全7回、開催してきました。

なぜ、アートとしたのかは、漠然としているけれども、何か起こるのでは、と思ったからです。

講座のまとめの報告をする北村さん(右奥)、

中央奥ふりかえりのスライドは、新井英夫さん(中央)とのダンスワークショップ(2016.4.16)

アートコモン・ラボではいろいろな試みがありました。
プロの落語家に上演してもらい、対話したこともありました。

 


ブラインドのお客さんには普段は語らないという『一眼国』を講座での話題提供ということで、

あえて演じる三遊亭楽松師匠(2016.9.3)

アーチストとブラインドの方との初コラボで、感覚のワークショップをしていただいたり。
また、つくば市のホール職員[公益財団法人つくば文化振興財団]の方や

つくば子ども劇場の方にも協力いただいて、

茂木さんの映像のなかに出てきた新井英夫さんにも来ていただいて、

ダンスワークショップとバックステージツアーという「試みの場」にしていただきました。

 

 2016年度つくば市とつくば子ども劇場の協働事業を前に、地域のNPOであるつくば市民大学も講座開催で協力した。
 (「ダンスでほぐす・つながる・わかりあう」2016.4.16 つくばカピオホール)


これも協力くださった各講座の話題提供者のみなさん、

いっしょにこの講座を企画運営してくれた赤松さん、とこりさん、

そして講座に積極的に参加して場をつくってくださった参加者の皆さんのおかげです。

ありがとうございました。
第1回の、金箱淳一さんが来てくださっているので一言お願いできればと思います」

と、ここで金箱さん登場です。

「1回目以降ごぶさたでした。

 あらためて来て、やりたかったことが7回目で再び体験できたこと、

 それがすべてかなと思います。
 いろいろな方が受講されていると思うので、

 その考え方がほかの方にも伝播していけたら。

 また、どこかで機会があれば、馳せ参じたい。
 おもしろい会だった。
 スライドを見ただけですが、いろいろされて、よい会だったと思います」

とコメントいただきました!

第1回のアートコモン・ラボで自ら開発した「共遊楽器」を奏でながら話題提供する金箱淳一さん(2015.11.14)

これを書きながら、2015年夏に北村さんからカフェベルガで初めて、

伊藤亜紗さんの著述・講座企画を聞いたこと、

翌月にとこりさんも一緒に金箱さんとCoco’sでうちあわせしたことを思い出します。

北村さんが、つくばカピオ技術スタッフとのうちあわせに同席してくださったこと、

楽松師匠、井上尚子さん・半田こづえさんとの東京でのうちあわせも。
いつもドキドキしながら、ゲストの方の日頃の実践やそこにあるおもいをうかがうことができました。
3人でメインコーディネーターを交代しながら協力しあい、試行錯誤した2年(3年度)でした。

講座案内のリード文
「アートコモン・ラボとは……
 アートを軸に、障がいのある人もない人も、ともに楽しむ方法を共有し、

 ともにいることでみえてくる〈なにか〉を探求するコモン・ラボ(共同研究室)。
 自分と異なる誰かとの出会いから自分や社会を問い直し、

 『異なる人同士がともにある社会』へ向けた関係を紡ぎだす試みの場」


にもある、「ともにいること」で知ったこと、気づいたことがいっぱいありました。
「見えない方」、「聞こえない方」と言っても、支援のしかたが異なることとか、

介助の方がされていた個々のニーズに合った介助のしかたとか。

多様な参加者が互いに言葉、手話、体などで表現し、やりとりし合いました。

ご参加いただいた皆さんにとっても、互いの違いを楽しみながら、

工夫しながら、関係を紡ぐ場となったでしょうか?

アートの定義自体、人によって様々。身近なあそびっぽいことからハイアートまで。
聞こえない方と音楽、見えない方と写真・・・・話題提供いただいた方々は

これまでの当たり前を問い直し、私たちに「ともにある社会」の実現を促してくださる方々でした。

最後に、7回の講座一覧と講師の方々の実践のご案内サイトを付して報告を終わります。

またどこかでお会いしましょうね!ありがとうございました。

北村まさみ、徳田とこり、赤松洋子(記)

| 講座レポート | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









http://blog.universitas-tsukuba.org/trackback/1408323