CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
twitter
facebook
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
 
『つくば市民大学』運営の一翼を担う市民組織「ウニベルシタスつくば」の公式blogです。
<< 「ともに楽しむアートコモン・ラボ」第7回 〜「アートの学び」がつくるインクルーシブな社会の可能性〜 講座報告(前編) | main | つくば市民大学を支えてきた三つのサロンが終了 >>
12/19『しゃべらんBAR』→12/21『〈わたし・たち〉として生きるためのダイアログ・バー』→市民活動のプレゼン術

今日は穏やかなお天気じゃのう。皆さまも晴れ晴れとお元気じゃと嬉しいぞ。マッツじゃ。

 

最終講座を含む『3つの講座』のお申込みはお済みかのう?暮れの忙しい時期ではあるが、

ろうきんつくば5階でのつくば市民大学ラストの講座。ぜひ時間を作って集まって欲しいぞよ。

ところで本題の前に余談じゃが、つくば市民大学にある観葉植物、欲しい方がいたらスタッフに声をかけてくだされ。

水がなかなかあげられずに枯れてしまうのが可哀想じゃからな。今年も写真右奥にある〈シャコバサボテン〉には、

ピンクの花が咲いておる。

 

さて本題じゃ。

12月19日(火)18:55〜21:00は、『しゃべらんBAR〜イマココ的異種交流会@つくば市民大学〜』

人気講座を生み出し続けた、今ここにある暮らしからつなげる未来(略称:イマココ)さんの開催。

出会うこと、つながることで、くらしがちょっとずつ豊かに、おもしろくなっていく。そんな「しゃべらんBAR」、

一夜限りのオープンじゃ。

 

詳細はこちらじゃ → https://www.tsukuba-cu.net/course/e_1386.html

 

次は、12月21日(木)19:00〜21:00、全9回の連続講座の第9回目となる

『〈わたし・たち〉として生きるためのダイアログ・バー』。今回のテーマは、「市民である」とはどういうこと?

講座紹介には次のように書いてある。

 

市民活動・地域活動・福祉活動など、「他者とともに何ごとかをなす」ことにおいては、〈かかわり〉に関する悩みや

難しさがつきものです。政治理論の知見を援用しながら、「一筋縄ではいかない問い」をめぐる対話をじっくり楽しむ

「ダイアログ・バー」で、〈わたし・たち〉として生きるための知恵への手がかりを探してみませんか?

 

集まった皆で飲食を楽しみながら対話を楽しめる時間。今回初めての参加も大丈夫じゃ。いかがかのう?

詳細はこちらじゃ → https://www.tsukuba-cu.net/course/e_1463.html

 

さて最終講座は、12月24日(日)10:15〜16:15、講座終了後はミニ・パーティもあるぞよ。

『理解と共感を育む!「伝わる」言葉の紡ぎかた 市民活動のプレゼン術』

こちらも講座紹介の文をのせよう。

 

「数の力」でもなく、「金の力」でもなく、

「言葉の力」でたたかう市民として―。

「コンセプト(伝えるべき内容)を明確にする」

「キーワード(印象に残したい言葉)を抽出する」

「シナリオの〈型〉を活用する」

「話し方(聴覚表現)と見せ方(視覚表現)を工夫する」

といった基本技術を、

参加者同士の相互作用で磨いていきます。

 

日曜日でクリスマスイブという微妙な開催日じゃがラスト講座。大切な人と参加というのも良いのではないかのう?

 

詳細はこちらじゃ → https://www.tsukuba-cu.net/course/methodology/e_1376.html

 

以上、3つの大切な講座のお知らせじゃ。それでは、良き年末年始をお迎えくだされ。マッツ

 

 

 

 

 

| お知らせ | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









http://blog.universitas-tsukuba.org/trackback/1408319