CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
twitter
facebook
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
 
『つくば市民大学』運営の一翼を担う市民組織「ウニベルシタスつくば」の公式blogです。
<< マッツ突撃インタビュー!10月4日(火)開催メソドロジー学群主催講座「市民活動をパワーアップさせる調査・分析術 | main | ひとりひとりの「なぜ?」を大切にする 〜イマココvol.19 「サス学」のつくりかた〜 >>
マッツ突撃インタビュー!!「ソーシャル・ファシリテーション入門 〜社会をつくり、未来をひらく話しあいの技法〜」10/16(日)開催


こんにちは。マッツ博士じゃ。今回は、知る人ぞ知る。つくば市民大学看板講座とも言える「ファシリテーション講座シリーズ」の講師・徳田太郎さんへの突撃インタビューじゃ。





10月16日(日)10時15分〜15時45分に第一回目を開講。充実の学びじゃ!
「ソーシャル・ファシリテーション入門 〜社会をつくり、未来をひらく話しあいの技法〜」

さあて?どんな話が飛び出すじゃろう。

マッツ)  徳田さん、講座のインタビューの前に、「かえるくん」というニックネームがあると伺ったのじゃが、由来を知りたいのう。

徳田さん)  一時期、文房具などを緑色で揃えていて、その時に「かえる色ですね」って言った人がいて、それを聞いていた人が持ち主を「かえるくん」と呼び始めたんだケロ。それをきっかけに、「かえるくん」が定着したんだケロ。……って、別にキャラつくらなくっていいですよね(笑)。スミマセン。

マッツ)  ありがとうでござる。かえるくんはサービス精神も旺盛なんじゃのう。さて、この講座の魅力はずばり!何じゃろう?

徳田さん)  「ファシリテーション」というキーワードで集まった、さまざまな背景を持つ参加者がともに学びあうなかで、毎回あたらしい発見や深まりがあることですね。自分たちの団体での「当たり前」も、必ずしも「正解」とは限らないわけで、話しあいの進め方、事業への取り組み方、組織の育み方など、さまざまな切り口で「その手があったか!」を見つけることができます。

マッツ)  日常の生活の中では発見できない切り口が、学びによって見つかるのじゃな。ワクワクするのう。講座に参加して欲しい人は、どんな人たちじゃろう?

徳田さん)  まずは、「話しあいの進め方」に関して、悩みや不満をお持ちの方。もっと創造的な場にできるはず! と思っている方はぜひ。さらに、話しあいに限らず、プロジェクトの進め方やチームワークのあり方など、よりよい方法を模索している方にもおすすめです。ぜひご一緒しましょう。

マッツ)  ふむふむ。では、ソーシャル・ファシリテーション講座を通じて徳田さんは何を伝えたいかのう?

徳田さん)  可能性、かな。私たちは、「誰かが考えて、誰かが決めた、押し付けられた答え」を前にうんざりしているだけでなく、「自分たちで考えて、自分たちで決めた、納得できる答え」を創り出すことができる。要は、誰もが「変化の主人公となれる」ことへの可能性を秘めているということ、ですかね。

マッツ)  『変化の主人公となれる』とは!ワンダフル、ビューティフル、ベリィベリィースペシャルじゃのう〜。(マッツ思わず飛び上がる)
つくば市民大学はナビゲーターと参加者が共に講座の中で、新しい気づきや新しい知恵を生み出す場となっているのじゃが、徳田さんご自身は、この講座を開くことで、何か得たいものはあるかのう?

徳田さん)  いや、まあ、淡々と続けるのみです(笑)。そのことで「あきらめない強さ」を手にしていければ。

マッツ)  それでは最後に、一言、このブログを読んでくださっておる皆さんへ向けてのメッセージをくだされ。マッツ突撃インタビュー。受けてくださり感謝いたす。

徳田さん)  とにかく、体験あるのみ! です。ぜひ、講座でご一緒しましょう。お待ちしております!
| マッツ突撃インタビュー | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.universitas-tsukuba.org/trackback/1408263