CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
twitter
facebook
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
 
『つくば市民大学』運営の一翼を担う市民組織「ウニベルシタスつくば」の公式blogです。
<< おいしく、楽しく、なつかしい一日 〜昭和の家事上映会&おはぎワークショップ〜 | main | マッツ突撃インタビュー!!「ソーシャル・ファシリテーション入門 〜社会をつくり、未来をひらく話しあいの技法〜」10/16(日)開催 >>
マッツ突撃インタビュー!10月4日(火)開催メソドロジー学群主催講座「市民活動をパワーアップさせる調査・分析術
マッツ

こんにちは。マッツ博士じゃ。今日は10月4日(火)13時から新しく始まるメソドロジー学群主催講座。
「市民活動をパワーアップさせる調査・分析術 アンケート採るなら/採ったら、もう一工夫」のナビゲーターである、赤松さんに突撃インタビューじゃ。


マッツ)赤松さん、今日はお忙しいところご足労くださり感謝でござる。早速、質問じゃが、調査・分析術があると、なぜ市民活動がパワーアップするのかな。

赤松さん)市民活動をされている方たちが、「これは課題だな」と何となく思っていることの実態を知り、それを解決するための、説得力のある活動を作っていくことができるからですよ。

マッツ)ふむふむ。それでは、この講座の魅力はずばり!何じゃろう?

赤松さん)課題意識を持って、ご自分の意志で行なわれている市民活動。でも、人手・時間・お金がないことが多いもの。そのため、課題を把握して活動したい、と思っていたけど、余裕がなかったという方、この講座を利用すれば、調べてみたいことを調べることができます。

マッツ)そうなんじゃ〜良き機会じゃのう。それじゃ、講座に参加して欲しい人は、どんな人たちかのう?

赤松さん)市民活動に行き詰まりを感じている方、調査はしたことがないけど、どんなものなのか知りたい、という方もどうぞ。調査にはいろいろな方法があります。

マッツ)そのような方々に参加して欲しいのじゃな。皆、遠慮せず参加してくだされ。
そうじゃ、タイトルに「アンケート採るなら/採ったら、もう一工夫」とあるのじゃが、アンケートは活かされてないのかのう。

赤松さん)よくあるアンケートですが、アンケートは質問紙法と言って、実は調査の中でも難易度が高い手法です。
難しさの理由はアンケートの目的にあった質問の項目立てが難しいのと、適切なサンプリングをすることが難しいこと、統計的に分析するにも知識が必要です。それを知らずに、漠然とアンケートを採っていても、信頼性のある調査になっていないので、活かすこともできません。

マッツ)ふーむ。眼から鱗じゃ。さて、つくば市民大学はナビゲーターと参加者が共に講座の中で、新しい気づきや新しい知恵を生み出す場となっているのじゃが、赤松さんご自身は、この講座を開くことで何か得たいものはあるかのう?

赤松さん)調査分析から活動を組み立てて行きたいという志のある方々と出会い、そのおもいを分かち合い、共に学べることを期待しています。
逆にこちらからは演習で体験的に学べる内容を考えているので、役立てていただけるといいな、と思っています。

マッツ)ワシも願うぞよ。それでは最後に、一言、このブログを読んでくださっておる皆さんへ向けてのメッセージをくだされ。初めてのマッツ突撃インタビュー。受けてくださり感謝いたす。

赤松さん)平日の日中の講座でご参加が難しいNPOの方も多いでしょう。出張でお越しいただいて、「実態把握」のための手法のあれこれをお持ち帰りいただければ、と思います。
説得力は、アンケートで数が多いということだけから生まれるわけではないのです。

マッツ)マッツ博士の突撃インタビュー! また来るぞよ。また、読んでくだされ。

| マッツ突撃インタビュー | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









http://blog.universitas-tsukuba.org/trackback/1408262