CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
twitter
facebook
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
OTHERS
 
『つくば市民大学』運営の一翼を担う市民組織「ウニベルシタスつくば」の公式blogです。
つくば市民大学が「36人の村」になりました。
7月31日、中央ろうきんさんとつくば市民大学とのコラボレーション企画、
夏休み親子講座「やってみよう!『世界がもし100人の村だったら』」が開催されました。

2001年以降、メールメッセージで世界中に広まった「世界がもし100人の村だったら」をテーマに、実際に身体を使いがら世界の格差や多様性を体感するゲームと、その後の感想の共有で、友だちどうし、親子どうしで「世界」について語り合うワークショップです。

今回参加したのは14組36名の親子。
幼稚園生から小学校高学年までのこどもたちと、その保護者の方々が集まりました。


 
どちらかと言うとオトナ向けの講座が多いつくば市民大学に、こんなに大勢の子供達が集まることは珍しいことなんです。
夏休み中の子どもたちは元気いっぱい!
「最強」モードにしていたエアコンがなかなか効きませんでした。
熱いぜ!つくばキッズ!
 
今回は小学校高学年の親子向きということで募集をかけていましたが、夏休み中ということもあってか、予想以上に参加希望者が多く、上は小6、下は幼稚園生までの子どもたちが集まりました。
 
最初のワークショップでは、参加者一人ひとりが「役割カード」で村人としての役目を与えられ、現在70億人が住む世界を、市民大学に集まった36人に圧縮した「36人の村」の住人となって様々なゲームを行います。


いろんな国・地域の、いろんな表情の子どもたちの写真を見て、「面白そう!」と選ぶと、その裏に「役割カード」が入っています。

「役割カード」には、住んでいる地域・あいさつの言葉・使っている言語などの役割が書いてあります。
「アジアに住んでいて、ニーハオと挨拶して、中国語で生活をしている」「北米に住んでいて、ハローと挨拶して、英語で生活をしている」というふうに。



ロープでおおまかに5大陸を作り、自分の住む地域に移動してみると、アジア地域に集中しているのが一目瞭然。
「ここ、せまい〜!」「暑い〜!」 と笑い声が起きました。



また、同じ国に暮らしていても同じ言葉が使われているわけではなく、例えば日本で使われている言葉だって標準語だけではなく、8種類もの言葉があるんだよ、と説明を受けると「そうなんだ!」と驚きの声が上がっていました。

さらに地域ごとの富の格差を実感するために、限られた数のビスケットをみんなで分配するアクティビティが行われました。
参加者がランダムに引いたABCDのカードは、Aから順番に「持っているグループ」→「持っていないグループ」となります。
一番持っているグループに分配されたビスケットは24枚。
そして、一番持っていないグループのビスケットは、なんと1枚の半分! 
この半分のビスケットをグループ全員で分けなければならないのです。


一番「持っているグループ」です。一人一人が、十分な数のビスケットをもらえました。

「持っていないグループ」にいた小さな男の子は、自分のグループに配られたビスケットがあまりにも少なく、そして持っているグループの子どもたちが楽しそうにたくさんのビスケットを食べている姿を見て、「なんでなんで?」と泣き出してしまいました。



泣いている姿を見た「持っているグループ」の子どもたちが、慌ててビスケットを分けてあげる、という一幕も。

たかがビスケット、されどビスケット。
でも、これが世界の縮図なんですよね。

なんでこんなに差があるの? 不公平じゃない? この差をなくすにはどうしたらいいのかな?
そんな疑問や問題意識を強烈に印象付けられるワークでした。

最後は、あの有名な文章「世界がもし100人の村だったらの朗読で締めくくりました。



字面で追うだけではピンとこなかったかもしれませんが、今回、自分が実際に「村人」になってみたあとにこの文章を読むと、その重みがいっそうましてくるに違いありません。

ランダムに与えられた役割で、マジョリティになったり、マイノリティになったりする体験を通して、世界にはいろんな地域があり、いろいろな人達が住んでいて、それぞれに独自の文化や言葉があることを知り、地域ごとに大きな格差があることを、身体と頭を動かしながら学んだ、あっという間の2時間。

ワークの間じゅう、私はスタッフとして参加者のスナップ撮影をしていたのですが、子どもたち以上に保護者の方々の真剣な表情が印象的でした。




不均等に分けられたビスケット。
いろんな言語で表現された「こんにちは」。
スカスカだったり、混み混みだったりした、5つの大陸。
互いの違いをお互いに理解しあい、公平に、幸せに、「ともに」暮らしていくためにはどうすればいいのか。

この日参加した親子の、今夜の夕ご飯の食卓では、どんな話題が出るんだろう?
…としみじみ感じた一日でした。
 
この日のワークショップを担当していただいた、開発教育協会(DEAR)の八木亜紀子さん、楽しく充実した時間をありがとうございました!

| 講座レポート | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
好評開催中! つくば市民大学 サークル/サロンの ご案内
こんにちは。
今日は、つくば市民大学のサークル/サロン活動のご紹介です。

サークル/サロンとは、ウニベルシタスつくば会員が自主的に企画・運営する定期的な活動です。
現在、以下の3つの活動が行われています。(2016年7月現在)
 
どれも、のーんびり、和気あいあい、そしてちょっぴり知的な交流の場です。
飛び入り参加大歓迎! 
お茶・お菓子つき!
 
初心者大歓迎!
特別な知識や準備は必要ありません。

ぜひぜひお気軽にご参加くださいませ〜♪
 
 
■ブックトーク・カフェ


おすすめの本を読む/語りあうことを通して、人と人、人と本、人と社会がつながる「たまり場」です。本のこと、自分のこと、自分を取り巻く社会のこと、これまでのこと、これからのこと...などなど、気軽に語りあう場です。時には特定のテーマを決めて、深掘りトークをすることも。
  
開催日時:原則として毎月第1日曜日 14:00〜16:00
参 加 費:500円/回
問い合わせ先:tokori1970@gmail.com
  
■大人の寺子屋(旧「歴史トークカフェ」)


国際社会を動かしている根源的価値観、および現代日本人の考え方のルーツとしての「日本本人の歴史」を学びなおしたいという、「大人」のための学び場です。そして次世代に語り継ぐ「語り部」を育成します。
 
開催日時:原則として毎月第2・第4土曜日 10:00〜12:00
参 加 費:1,000円/回
問い合わせ先:paradiso_buddha007@yahoo.co.jp
こくち〜ず:http://www.kokuchpro.com/event/dac2200e7c45004f42d379077d86136b/

  
 
■サロン de BOYAKI


会社を卒業して地域へ戻ってきた方、あるいは他所からつくばに移り住んで来た方。不安な日々を送っていませんか? このサロンは、地域社会とのかかわりの入口になるような場所です。楽しいおしゃべりでトキメク明日を!
 
開催日時:原則として毎週木曜日 13:30〜16:00
参 加 費:300円/回
問い合わせ先:matukan18@yahoo.co.jp
 
 
※Facebookでも随時情報更新しております。
https://www.facebook.com/tsukubacu/posts/1027914113961111
  
※総合案内チラシはこちらからダウンロードできます。




| - | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
主催講座、随時、熱く開催中です。もうご参加されましたか?
皆さま お元気でいらっしゃいますか?今日は暑さが和らぎ過ごしやすいですね。
つくば市民大学の窓の外では、ミンミン蝉などの声がにぎやかに聞こえてます。

さて、7月からリニューアルしたつくば市民大学。主催講座も熱く随時開催中です。
7月17日(日)は、午前はダイバーシティ学群から『あなたとわたしにとって大切なダイバーシティの話』の第一回目。
午後は、メソドロジー学群から『仲間を増やす!市民活動のプレゼン術〜「伝わる」と「伝える」のギャップを埋める方法〜』の第一回目が開催されました。

『あなたとわたしにとって大切なダイバーシティの話』の第一回目は、知る人ぞ知る講座。「男子、女子、そうでない人?」。

この講座は12年度に開催後、好評につき13年度に再演、新潟県女性財団からも招聘された、徳田さん(ウニベルシタスつくば代表幹事)による、「性別」を考えるワークショップです。

皆さんは、男子、女子、そうでない人と聞いたら、どんな人を思い浮かべるでしょうか。
講座紹介文にある、『お互いの〈違い〉を知り、「その人らしさ」が大切にされ、活かされたら・・・。』という言葉の通り、自分らしさ、その人らしさを、心からお互い大切にできたら、どんな毎日となるでしょう?
いろーんな人がいることが当たり前と、想像できる力を持つ、思いやりを持つことの大切さを感じる講座でした。

第2回目は、まだ先となりますが、「私たち日本人」って、本当に「日本人」?というタイトルで、11月13日(日)13:30から開催です。在日コリアン3世というご自身の立場・経験から、アイデンティティについて考えるWSを重ねてきた姜咲知子さんによるワークショップです。ぜひ共に学べるよう、つくば市民大学に足をお運びください。

さて、午後の『仲間を増やす!市民活動のプレゼン術〜「伝わる」と「伝える」のギャップを埋める方法〜』講座の第一回目は、30秒・250字から始めるプレゼンテーション〜まずは基本をおさえよう!というテーマでの開催でした。

皆さんは、ご自身を紹介する時、活動団体を紹介する時の準備は普段からされていらっしゃいますか。もし、ご準備されているとした場合、その内容は伝えたい人達の心に、きちんと伝わる内容でしょうか。

講座では、自己紹介、団体紹介を繰り返す中で、「伝わる」と「伝える」のギャップを埋めていくヒントをもらいながら、実践、そして分かち合いという体験ができました。

魅力あふれる人、団体は、きっと日頃から何を伝えたいのか?を明確に持ち、伝わる努力をされているのだなあと思いました。でも、今は出来ていなくても、きっとこの講座に参加することで力がつきます!

次回以降は、一気に学ぶことができてお得な8月28日の午前と午後に開催です。
第2回は、「共有を図る考え方・組み立て方〜コンテンツ&ロゴスをかためよう!」
第3回は、「共感を呼ぶ話し方・書き表し方〜デリバリー&パトスをかためよう!」

こちらもぜひ、ご参加ください。

そして、これから先、一番近い講座は7月31日(日)10:00から12:00に、夏休み親子講座 やってみよう!『世界がもし100人の村だったら』が開催されます。

これはメールメッセージで広がった「世界がもし100人の村だったら」を使ったワークショップです。
実際に身体を使いながら世界の格差や多様性を体感する時間となります。まだ若干名申し込み(※対象は小学校高学年のお子さまと保護者の方)が可能ですので、このブログを読まれて、よし!親子で参加してみようと思われた方(^^)ぜひおすすめいたします。

それでは引き続き良き夏をお過ごしください。

PS:下記の水花の下にはたくさんの生き物がいました。何だと思われますか?


答えは小さなアオガエルとなるオタマジャクシ。50匹ぐらいいるのに、カエルの姿は何処に。
でも夜中はカエルの合唱で大変にぎやかとなります。









| スタッフのつぶやき | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
写真でふりかえる2016年学園祭 〜その3〜
さてさて、「いつまで続くの?」とのツッコミも聞こえてきた学園祭リポートも今回で最終回。
もうちょっとおつきあいくださいませ。

ONAKAMAおむすびランチのあとは、ソーシャルIDOBATA会議後半戦のスタート。
この日のために市民大学の集結したソーシャル活動の実践者の皆さん。
午後の部は「シニア世代の居場所づくり」「子育て支援・まちづくり」「教育と社会をつなぐコーディネーター」などの分野で活動されている方々からプレゼンしていただきました。





今回お招きしたプレゼンターは総勢10名。
これだけの方々が一堂に会する機会はそうはないのでは?
この日、つくば市民大学は貴重な情報集結拠点になっていました。

地域や社会で抱えている課題を解決するためにそれぞれ精力的に活動されている皆さんですが、活動を続けていくうえでの課題もまたあるわけで…。
3分プレゼンのなかでそれぞれが抱えている課題を共有し、今後の活動をさらにパワーアップさせるためのヒントを会場のみんなで探っていきます。



岡目八目という言葉がありますが、専門外にいるからこそ、新たに見えてくるアイデアやヒントがあるようで、テーブルセッションの間じゅうずっと活発な意見交換が交わされました。



会場からのフィードバックをうけたプレゼンターの方々からは、
「こうやって一般の方々からアイデアをいただく機会がこれまでなかったのでいい刺激になりました」
「いますぐにでも応用できるヒントがもらえました」
などの声をいただきました。

さて、IDOBATA会議第2ラウンドが終わった後は、テーブルとイスをささーっと移動させて、会場は「2016年通常総会」の議場に早変わり。



7月から市民大学のしくみが大きく変わり、「シチズンシップを磨きあう」場として、大きく生まれ変わることになります。
シチズンシップ(市民性)とは、私たちがともに生きる社会をつくり・かえる際に必要となる、一人ひとりの主体的な〈かんがえかた〉〈ふるまいかた〉です。
出席者の方々の質疑応答から、なぜこのような路線に至ったのか、路線変更に関して、会員のみなさんにはどのような影響があるのかを、運営委員からしっかりと誠意を持って説明させていただき、総会は無事終了。

※7月から始まる新講座の一覧は
こちらからどうぞ。

さてさて、学園祭&通常総会と、実に濃い一日が終わりました。
一日をとおして、あらためて、市民大学は、ひとつひとつの講座に参加されている皆さんとともに歩んできたし、つくりあげてきたんだなとの思いを新たにしました。



みなさま、これからも一緒に「まなび・つながり・つくりだして」いきましょう!
よろしくお願いいたします!







| 講座レポート | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
学長マッツのつぶやき
みなさん、写真でふりかえる学園祭のブログは楽しんでくれているかな?
まだまだ、学園祭の話は続くのじゃが、ちょっと割り込んで

久しぶりじゃ、マッツ学長じゃ。

7月から新しく始まる、つくば市民大学主催講座一覧のチラシは見てくれたかな?





まもなくパンフも、ホームページもリニューアルとなるから、楽しみにしていてほしい。
もちろん、BANBAN ご参加もまっとるぞ。

そうじゃ、いつか、つくば市民大学の植木に赤い実がついた話がブログに載っておったが

その植木に花がついたんじゃ。



7月から新しい、つくば市民大学の門出を祝って咲いてくれたのかのう?
嬉しいのう。では、みなさん。暑い季節が到来じゃ。お身体だけはご自愛くだされ。
また会おう!!  マッツ学長




| - | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
写真でふりかえる2016年学園祭 〜その2〜 
6月12日に開催されたつくば市民大学学園祭
「ソーシャルIDOBATA会議&ONAKAMAおむすびランチ」のレポート、2回目です。

IDOBATA会議の第一ラウンドが終了したところで、おまちかねのランチタイム♪
ONAKAMAおむすびランチです。

ONAKAMAおむすびランチとは
同じ釜のメシ(=ONAKAMA)を食べて、ONAKAMA(=お仲間)
になろう、という市民大学流パワーランチ会。
つくば産のおいしいお米と目利きが厳選した全国各地の具材で、みんなでおむすびをつくります。

まずは、プログラムリーダーの小池容子さんが、プログラムの趣旨と厳選素材を説明。


今回用意したおむすびの具は


・高菜のごまあえ
・昆布
・おかか
・ツナマヨ
・ねぎみそ
・てづくりゆかり
・てづくり梅干し
・焼鮭
・たらこ
などの定番から、ちょっと変わったところでは
・いぶりがっこ
・うずらの煮玉子
・鶏ハム
・ミートボール
・スライスチーズ
など、「これっておむすびの具になるの?」といったものまで。
お米は、IDOBATA会議のプレゼンターとして登場して下さった柳瀬敬さんが主催されている自然生クラブのものです。

さあ、テーブルと椅子を移動して、会場が「おむすびブッフェ」に大変身。
いよいよランチタイムスタート。
1時間しかないので、みなさんお目当ての具材に向かってダッシュ!








「スライスチーズと昆布があう!」
「いぶりがっこ、おいし〜」
「お米が甘くてうまい!」などなど、いろいろな具材を楽しみながらもぐもぐ。







作りながら、おしゃべり、食べながら、おしゃべり、テーブルが変わって、またおしゃべり…。
と、このランチ会の「人見知りしにくい」システムに、みなさんまんまとのせられたようです(笑)


おむすびのおかわりをするたびにテーブルが変わるので、より多くの人とONAKAMAになれます。

お米を炊いた炊飯器の種類によっても炊きあがりの味が変わったり、意外な具材の組み合わせを発見したり、笑顔と話題のつきないランチタイムはあっという間に終了。
すっかりお腹が膨れました。

いやあ、いいなあONAKAMAおむすびランチ。
安上がりで盛り上がる、コスパのいいパーティーです。
今後も何かの機会にやってみよう。

さあ、おむすびでパワーチャージしたあとは、IDOBATA会議、第二ラウンド開始ですよ〜


しつこく続く…
| 講座レポート | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事